住みよい社会の実現に 株式会社ダイカ

アシストスーツ AWN-03B

腰部負担の軽減に特化した人間の動作を補助する着用型ロボット

身体に装着して使用するロボットで体の動きをセンサーで検知し、動作の意図に合わせて腰部のモーターを回転させて、作業時の腰への負担を軽減します。物流や、ものづくり、建設、建設、農業、土木などの分野での作業時にご利用頂けます。

AWN-03Bは、腰部負担の軽減に特化し、モーターの数を左右の腰付近の合計2個に減らすことでコストダウンを実現しています。重量も約6.7kg(充電池除く)に軽量化しました。
さらに、荷物の持ち上げを補助するモードや、上体を保持して荷物の搬送を補助するモードなど、腰部の位置センサーで検出した姿勢や動きから、自動で動作モードを切り替えるアルゴリズムを新規で開発しました。

使用者がスイッチ操作することなく、使用者の動きに追従してAWN-03Bのアシストモードが切り替わります。

アシストスーツ AWN―03B

製品仕様

本体外寸
高さ77cm × 幅48cm × 奥行27cm
本体重量
約6.7kg(バッテリーを除く)
モーター
AWN-03B専用ハイトルクACモータ(2基装備)
バッテリー
48.1Vリチウムイオンバッテリー(保護回路付き)
稼働時間
約8時間
アシスト力
最大15kgf
動作環境
0~40℃
想定装着者
身長155~185cm 体重50~80kg

※ 株式会社ATOUN 想定作業による
※ 製品の仕様・形状は予告なく変更される場合があります。

アシストスーツ AWN―03B

力が伝わるメカニズム

アシストスーツ 力が伝わるメカニズム
使用者の腰の動きに追従して、ギアが回転し、大腿を引く力と背中から上体を引き上げる力が働くことによって腰への負担を軽減します。

装着のPOINT

アシストスーツ 装着のPOINT
股関節の付け根とギアボックス回転中心部の高さを合わせてください。

作業FLOW

背負う

アシストスーツ 作業FLOW 背負う
リュックを担ぐようにAWNを背負い、股関節の付け根とギアボックス回転中心部の高さを合わせる

とめる・調整

アシストスーツ 作業FLOW 背負う
バックルを腰 → 大腿 → 胸の順にとめ、AWNが体にフィットするようにベルトで調整する

スイッチON

アシストスーツ 作業FLOW 背負う
直立した状態で主電源をONにし、一時停止スイッチを押すとアシスト開始

調整

アシストスーツ 作業FLOW 背負う
アシスト・ブレーキの強弱を調整する

持ち上げる

アシストスーツ 作業FLOW 背負う
《アシストモード》
荷上げをアシスト

姿勢を保つ

アシストスーツ 作業FLOW 背負う
《ホールドモード》
上体の保持をアシスト

運ぶ

アシストスーツ 作業FLOW 背負う
《歩行モード》
アシストフリーでスムーズな歩行

降ろす

アシストスーツ 作業FLOW 背負う
《ブレーキモード》
荷下ろしをアシスト

自動モード切替

モード切替は使用者のスイッチ操作不要。使用者の動きに追従してAWN-03Bの挙動モードが切り替わります。