住みよい社会の実現に 株式会社ダイカ

斜面防災技術

近年になり、以前には見られなかったような異常ともいえる集中豪雨が頻発し、そのため毎年のように大規模な豪雨災害が発生しています。ひとたび大規模な豪雨災害が発生すると、道路、鉄道、通信、上下水道などの社会基盤が広範囲に被害を被るだけでなく、個人の生命や財産が危険にさらされることにもなります。

特に最近の豪雨災害では、斜面の崩壊や土石流などの斜面災害によって、 多くの貴重な人命や財産が失われているケースが目立っています。

そこで我々ダイカでは、少しでも斜面災害による被害を軽減し、より安全で安心して暮らせる社会の実現をめざして、新しい斜面防災技術の開発等を行っています。

斜面防災技術

各種工法

ユニットネット工法

〜森林保全と斜面の補強効果を両立した自然斜面補強土工法〜

近年の異常な集中豪雨の原因の一つとして、温室効果ガスの排出による地球温暖化が疑われています。これに対し、森林は地球温暖化の抑制に役立つと考えられています。樹木の伐採を必要としない「ユニットネット工法」は、景観面で優れているだけでなく、地球環境の面からも優れた工法です。


詳しくはこちら

CSナット / CSプレート

〜コスト縮減を可能とした新しい法枠用頭部部材〜

法枠用のロックボルトの頭部部材です。部材の簡素化によって施工性の向上とコスト縮減を可能とします。


詳しくはこちら